昭和乙女の思い出日記

昭和時代に乙女だった管理人のお気楽初めてブログです









* 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

タグ:高橋大輔

相変わらず、TVで見るものがないので、動画や高橋大輔ファンブログ見て遊んでいるこの頃です。


が、ここ2~3日、


高橋大輔ファンブログの更新が全体的に少ないような気が・・・


まさか、熱心なファンの皆様はすでにソチに観戦旅行に旅だったのでしょうか?



いくら熱烈ファンでも、そうそうソチオリンピックに行けるほどつぎ込めるものなのか?



それとも、オリンピックに向けて、



お百度参りとかブログ絶ちしてるのかなぁ?



こうも急に静まり返ってしまうなんて・・・



一種の不気味さを感じていたのですが、


どうやら高橋大輔最新DVDの発売があったからみたいですね。


よかった~、ブログ絶ちしてなくて(笑)。



急に鑑賞対象が消えると、夜が長すぎますもん。



ぼちぼち、「DVD見ましたぁ♪」みたいな更新記事が出始めて、プチ安心しております(笑)。



しかし、ファンブログ見るたびに、その熱い情熱には頭が下がります。



なにより、
ファンの年季が違いますよね。


きっと、
最初のあまりうまくない時代から、ごひいきにしてきたファン様が多いのでしょうね・・・


いいなぁ!そんなに入れあげることができるごひいきのヒトがいるなんて・・・


って、ちょっと羨ましくなってきます。



私も、ラブレターはじめEXプログラムにはハマりましたけど、これからファンに参入するのは、育てる楽しみが無いみたいでナニですよね。



じゃ、羽生君にするか?といえば、もう彼はブレイクしてるし。



もちろん、すでに天才なのはわかっていますから確実な線ですけど、


それじゃあ反則みたいな気がするのはナゼ?(笑)


どうせするなら、駆け出しの天才を見出してごひいきにするっていうのがやっぱり、憧れのパターンでしょう。


と、そのとき脳裏に浮かんだのは、ガラスの仮面の真澄様


 

彼は駆け出しのマヤを見出して、最初のファンになったのですよね。

 

「この俺が誰かのファンになるなんて(恥;)」とか


「高く、遠くへ羽ばたいていけ」とか



恥ずかしのファン語録満載の真澄様ですが、きっと


「俺が最初に発掘した天才なんだもんね(キリッ!)」


っていう優越感と満足感が絶対あったはず。



いいですよね~、見返りを求めないファン愛って。



今頃になって、無名時代から才能を見出してごひいきにしてみたい♪なんて妄想にかられるのは、私も年をとったということでしょうか?


この世代は、意外に嵐とかジャニーズ系、はたまた役者系にはまりやすい世代でもあります。



真澄様とともに、育てる愛に目覚めるのもいいなぁ・・・


と変なところに共感してみる夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、高橋大輔選手のエキシビション・ラブレターに感動したっていう記事を書きましたが、同時にファンブログの面白さにハマっております(笑)。


ファンの皆様は大ちゃんの怪我快癒祈願に神社に行かれたり、動画で「いや~ん、かわいい♪」って絶叫したり、日々忙しいみたいです。



ブログもオリンピックに向けてますますヒートアップ、毎日熱き情熱を注いだ記事は、非常に面白い!



なかでも、マニアが今一番頑張ってるのは、「大ちゃん捕獲大作戦」



一瞬、「ナニ?捕獲って?」って、怪しく思いますよね。



私なんか、「もしかして拉致するとか?」って驚いちゃいましたもん。



それは、高橋選手の出るCMをなんとか録画することのようで、スポンサー調べ上げて当たりをつけた番組をかたっぱしから録画予約するのだそうです。



これって、
すごすぎる!!

いろんなものにハマってきた

マニア心理に詳しい私も完敗を認めましょう


そりゃ、私も福山さんのビールのCMは胸キュンでしたけど、スポンサー調べてCM録画しようなんて思いつかなかったです。



大ファン自認してるバックストリートボーイズだって、事前に番組で宣伝してる動画とかもあるんだけど録画したことないし・・・



ちょっと前にハマった安室ちゃんのCMだって、いい~って騒ぎながら、録画はしなかったもんね。



マニアとしてはワタクシ、まだまだ甘かったですね。



マニアと自称したいならもっと極めねば(キリッ!)


これからは、福山のCMもスポンサー調べから出直してみようかと思います。



でも・・・



こんなに面白い高橋ファンブログ、オリンピック終わったら皆さんどうするんでしょうか?


引退しちゃったら、そんなにテレビで見られなくなるでしょうし、心の隙間は大きいですよね。



ファンというものは、いつまでもごひいきのスターを見ていたいものなのです、
気持ち、よくわかります。

 

そして、私のファンブログ観察の楽しみも終わってしまうって、久々見つけた楽しみなのに(涙)。


いや~ん、ブログやめないで~!


と熱く願う高橋大輔ファンマニアの声でした(笑)。


 

 

 

↑このページのトップヘ