昭和乙女の思い出日記

昭和時代に乙女だった管理人のお気楽初めてブログです









* 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

タグ:高橋大輔

さきほど、なにげにネットニュースを見てると、あれっ?

高橋大輔が現役復帰って書いてある、よね?

嬉しすぎる高橋大輔の現役復帰


え~、うそ~??と思わず驚きを隠せなかった私。

なんでも、フィギュア五輪をレポーターとして取材するうちに、勝負の世界でやり残したことがある・・・と思うに至ったとか。

高橋大輔氏は引退後、ダンスや表現芸術にもチャレンジし、アイスショーに出演することはあっても、現役復帰は無いものと思っていたので、誰だってびっくりしますよね。


それに引退から4年も経ってますし。。。


でも、彼の色っぽいセクシーなステップはまだまだ見たいし、EXでラヴレターも見た~い♪

競技者として鍛練する日々は非常に大変だと思うので、内心は心配がてら、それでも彼の現役復帰はフィギュアスケートファンには嬉しいものです。

氷上の高揚感を求めて


思うに、彼もずっとアスリートとしての人生を極めてきましたので、勝負勘の無い場所ではなく、ヒリヒリした緊張感と高揚感のアイスリンクが忘れられないのでしょうか・・・

同じことを羽生君にも感じたりします。あれだけ濃密な歓喜と苦労を経験すると、普通の日々がつまらなく感じるんじゃないかなぁ?って。

一般小市民の定年退職だって、皆、一様にとまどうもの。

ましてや、大好きなことで世界一になり、栄光を究めると次の目標が見つけにくそうって思いませんか?

でも、時代は年齢を気にしない時代になりつつあるのもまた事実。

イチローなんて終身現役みたいだし、もうこれからは年齢を超えて、やりたいことを思いきりチャレンジする風潮にしちゃいましょう(笑)。

さらなる願望・・・


そんなことで、フィギュアスケートファンは嬉しい叫びをあげているわけですが、

大ちゃんが復帰なら、いっそのこと真央ちゃんも復帰しちゃいなよ、You?

と思わず言ってみる、ちょっと嬉しい夏日の午後でした。

高橋大輔ファンブログに早速、kissing youの動画が上がってきました。

カザフスタンから熱い思いが届きます・・

ファンは世界中どこまでもついていくのです。

これだから、高橋大輔ファンブログ、やめられないのよね(笑)。

さて、海外の人も含めていくつか、アングル違うバージョンもあって、これはこれでなかなか面白い。

大好きなkissing youですので見るのも聞くのも楽しいので、何回も見てしまいました。

感想なんですが、

今までになく高橋大輔が若い?感じなんですね。


これはちょっとした驚きでした。

曲がスローテンポでけだるい感じなので、大人男子の色気が~とかよく言われる彼のセクシー感を想像していたのです。

でも、スローテンポな曲に意外に素早い動作の振り付けがどこか、若々しさと未熟さを合わせ持つ少年っぽい。

黒いシンプルな衣装で遠目のアングルから超速で滑りぬける姿は、顔の表情もよく見えないため、竹宮恵子の描く美少年感があります。

同じ曲で17歳の羽生君のロミオとジュリエットがありますが、羽生君はそのまま少年でしたよね。

オトナなロミオってどうなんだ?っていうところありますから、難しいだろうな・・・

と興味深々だったけど、さすがです。

小地味ながら少年人格降臨してましたもん。


どんだけ、別人格降臨できるか・・・ここは今後究めていってほしいものです。

年齢も性格も表情も自由自在に。

そしてつい、思ってしまうのは・・・

これって、若さの演出に使えるんじゃないか?ってこと。

そうです、自分の所作をほんの少し、ハイテンポにちょっと雑にしてみませんか?


きっと一瞬少女に見えるのではないでしょうか(笑)。

オトナな女性を目標にしつつ、若さにも憧れてしまう統一性の無い、ちょっと残念な管理人でした(笑)。

 

相変わらず、TVで見るものがないので、動画や高橋大輔ファンブログ見て遊んでいるこの頃です。


が、ここ2~3日、


高橋大輔ファンブログの更新が全体的に少ないような気が・・・


まさか、熱心なファンの皆様はすでにソチに観戦旅行に旅だったのでしょうか?



いくら熱烈ファンでも、そうそうソチオリンピックに行けるほどつぎ込めるものなのか?



それとも、オリンピックに向けて、



お百度参りとかブログ絶ちしてるのかなぁ?



こうも急に静まり返ってしまうなんて・・・



一種の不気味さを感じていたのですが、


どうやら高橋大輔最新DVDの発売があったからみたいですね。


よかった~、ブログ絶ちしてなくて(笑)。



急に鑑賞対象が消えると、夜が長すぎますもん。



ぼちぼち、「DVD見ましたぁ♪」みたいな更新記事が出始めて、プチ安心しております(笑)。



しかし、ファンブログ見るたびに、その熱い情熱には頭が下がります。



なにより、
ファンの年季が違いますよね。


きっと、
最初のあまりうまくない時代から、ごひいきにしてきたファン様が多いのでしょうね・・・


いいなぁ!そんなに入れあげることができるごひいきのヒトがいるなんて・・・


って、ちょっと羨ましくなってきます。



私も、ラブレターはじめEXプログラムにはハマりましたけど、これからファンに参入するのは、育てる楽しみが無いみたいでナニですよね。



じゃ、羽生君にするか?といえば、もう彼はブレイクしてるし。



もちろん、すでに天才なのはわかっていますから確実な線ですけど、


それじゃあ反則みたいな気がするのはナゼ?(笑)


どうせするなら、駆け出しの天才を見出してごひいきにするっていうのがやっぱり、憧れのパターンでしょう。


と、そのとき脳裏に浮かんだのは、ガラスの仮面の真澄様


 

彼は駆け出しのマヤを見出して、最初のファンになったのですよね。

 

「この俺が誰かのファンになるなんて(恥;)」とか


「高く、遠くへ羽ばたいていけ」とか



恥ずかしのファン語録満載の真澄様ですが、きっと


「俺が最初に発掘した天才なんだもんね(キリッ!)」


っていう優越感と満足感が絶対あったはず。



いいですよね~、見返りを求めないファン愛って。



今頃になって、無名時代から才能を見出してごひいきにしてみたい♪なんて妄想にかられるのは、私も年をとったということでしょうか?


この世代は、意外に嵐とかジャニーズ系、はたまた役者系にはまりやすい世代でもあります。



真澄様とともに、育てる愛に目覚めるのもいいなぁ・・・


と変なところに共感してみる夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ