昭和乙女の思い出日記

昭和時代に乙女だった管理人のお気楽初めてブログです









* 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

タグ:スイートピー

トイレの電球がついたり消えたりしててなんか不安!


ということで今日、帰りがけにホームセンターに寄って電球を買ってきました。


買い物を終えて、出ようとしたら入口に咲き乱れる花束と甘い香り♪


そう、色とりどりのスイートピーが大量入荷していたのです。


スイートピーって、確か卒業式あたりに出るんだよね?


今頃って早すぎない?などと思いながら吸い寄せられるように花売り場へ行ってしまいました。


最近のスイートピーは淡いピンクにラベンダーブルー、クリームにオレンジとホントにきれいですね。


そしてスイートピーの一番の美点はその香り!


吸い込むとお花畑にいるような気持ちになれちゃう香りが大好きなんです。


すずらん香水を求めてたように、

 

私は香りのいい花に弱いのです(笑)。


好きな花は、すずらん・スイートピー・フリージア・バラとどれも香りがポイントですもん。


一時はフリージアの香りにハマって、フリージア香水を探し回ったこともありました。


楽天のワインのお店がなぜか?香水のお試し2mlを100円で売っていたので購入してみたこともあります。


確かに!このフリージア香水は「お花屋さんの香り」といわれるだけあって、すかっとしたいい香りでした。


話はそれちゃいましたが、大好きなスイートピーの花束が格安だったので、さんざん迷って薄いピンクのグラデーションかかったスイートピーの花束をgetして帰宅しました♪



さっそく、部屋の花瓶に入れて鏡台の前に置くと、咲き乱れるスイートピーの豪華な感じと立ち上る甘い香りで、とってもハッピー!



スイートピーって、寒い季節の花のせいもあるのでしょうが、とっても持ちがいいとこもお気に入りです。


そこへいくと、バラは虚弱でナニなんですよね。


さて、このスイートピー、花言葉は
「門出」。


どうりで卒業式によく出回るはずですよね。


花が飛び立つ蝶のようだからなどとも言われています。


が、美しい花には毒がある・・・


スイートピーはすずらん同様、毒性があるんです。


毒のあるものはなぜか引きつけられるものなのかもしれません。


しばらく、スイートピーで満たされる日々になりそうです。

↑このページのトップヘ