今月は、母の古い着物の処分やら、色あせた金縁ミラーのゴールド色塗り直しやら、古本大処分・・・とデトックス月間みたいな月でした。

高齢の親といると、いつの間にか溜まっていた不要な物にも、手を出す余裕が無かったけど、母の施設入所でいよいよきちんとしなくてはならない状況になった・・・とでも言いましょうか。

昭和世代は断舎利世代


親のせいだった家の乱雑さが、今度は自分のせいになってきますからね。

なにより、自分だっていつかはこの家を去る時がやってくる、そんなことを改めて実感したせいでしょう。
後に残った人に迷惑をかけないよう、断舎利世代でもあるのです、昭和乙女世代って。

立て爪リングは死後、どうなる?


さて、そんな断舎利がひと段落して、自分の持ち物も気になってきました。
それが貴金属類。一番お高かったのがダイヤの立て爪リングですが、これってほとんど付けないのよね。


いわゆるタンスの肥やし状態っていうヤツですが、眺めているとちょっともったいなく思えてきたのです。
もし、このままで私が亡くなった場合、きっとこれは二束三文で処分することになるでしょう。
ほとんど付けずにそれってつまらないですよね?

ダイヤリングをペンダントにリフォームしたい


そこで思いついたのが、ジュエリーのリフォームです。
立て爪リングをダイヤの一粒ペンダントにしたら、お出かけのときなどに重宝しそう。


新たにダイヤのペンダント買う気にはなれないけど、今あるダイヤリングの御直しなら、金額的にもお安く済むし、少しはダイヤの使いがいがあるっていうもの♪

宝石リフォームなら御徒町か夢仕立


ということで、いくつか宝石リフォームのお店を調べてみました。
宝石関係では御徒町がお安くできそうですが、銀座の夢仕立もコンセプトがしっかりしていて良さそうです。


まずは電話か、メールで持ってるダイヤの大きさなど知らせて、作りたいリフォームについて予算見積もりなど無料相談するところから、ですね。

予約を取って対面で相談しよう


できれば実際のお店に予約して持ち込んで対面で打ち合わせしたほうがプロの提案を受けられるのでベストです。

ネットでも、いろいろなリフォームペンダントの写真が出ているので、まずはそれを見ながら自分の欲しいタイプを見定めているところ

まずはリフォームしたい写真選びから♪


この写真見てると、あっという間に時間なんて過ぎてしまいます^^;
自覚してなかったけど、女性って宝石に目が無い生き物なんですね(笑)。


調べると一粒ダイヤペンダントで一番シンプルなタイプなら50000円前後でできるって感じでしょうか。


もし、立て爪ダイヤのリフォームを検討している人の参考になれば幸いです。