d45849e0.jpg

先日、私のブログを検索すると自分の記事がインデックスされたサイトが出てきたので著作権侵害申し立てをした記事を書きました。

今日はその続報です。




調査したけど確認できませんでした


Googleさんに申請した後、しばらくして調査の連絡が来たのですが、そのサイトに私の記事が見当たらないとのことで、さらに言い分があるなら返信するようにとの文面でした。

実は過去にも申請後、「調査したけど確認できませんでした」って返答は何回かもらっています。

でもまぁ、しばらくするとコピーサイトは検索から消えるので、まぁいいか・・・と納得してきたのですが・・・

今回はどうも、普通のサイトでは無いので改めて詳細を返信してみました。

なぜサイトタイトルに私の文章が?



というのも、件のサイトはいわゆる詐欺サイトで、中にブログの記事などは無いのですね。

なのに、検索すると・・・なぜかこのサイトタイトルから私の記事の文章がダラダラ出ているのってどうよ?

パソコン音痴なので、よくわかりませんが・・・もしかして、この詐欺サイト、タイトルに私の記事文章を盗用してるってことなのでしょうか?

だとすれば、確かにサイト内を確認しても、盗用記事があるわけではないので、「確認できませんでした」になるってこと?

詐欺サイトに盗用された旨、返信しました



でも、たとえサイトタイトルでも、他人の記事をコピーしてるのですから、問題が無いわけありませんよね?

さらに言えば、コピーサイトがまだ普通のアフィリエイトサイトくらいなら100歩譲って見逃しても、個人情報抜き取り用の詐欺サイトじゃぁ、もし誰かに被害が出た場合、私のブログではありませんので、しっかり説明しておきたかったのです。

ということで、その著作権侵害サイトが出ている検索ページのスクリーンショットを添付してクダクダ説明した文を返信したところです。

詐欺サイトは一括検索から消去でいいよ



それにしても、ネット世界は賢者もいれば悪人もいるまさに多様性に満ちた世界。

著作権侵害サイトにしても、今はサイトタイトルに他人の記事を使っちゃう悪どい進化をしてるのですね。


こういうことがあると、「もういいかげん、何の儲けも無い個人ブログなんかやめちゃおうかなぁ?」という心の声がしてくるのも事実です。



Googleさんには将来的にはサイトの中身に加え、タイトルや画像なども含めて他人の記事や画像を侵害する詐欺サイトは一括して検索から消去するくらいになってほしいものです。