fba90d62.jpg

やっと快晴の秋晴れが続くようになった今日この頃。
そこで日頃から懸案だった自室のカーテンを洗濯することにしました。



自室のカーテンはお気に入りのオーダーカーテン


私の部屋のカーテンは新築時はハウスメーカーが誂えたくすんだベージュみたいな遮熱カーテンがかかっていました。

でも、この地味な色・・・気分が沈みますよね?
確かに汚れは目立たないんだけど。

で、十年くらい前に近くのジャスコのカーテン売り場が移設するとかでオーダーカーテン激安セールをしたときに、思わず一目惚れしたジャガード生地でカーテンを作ったのです。

シャンパンピンクのジャガードカーテン



このカーテンの色がお気に入り♪

薄いシャンパンピンクというか、とにかく優しい色合いで、しかもジャガード織りなので、一面に同色系の薄い糸で花模様が浮き出してて、そこにチラチラと銀糸が入ってるという手の込んだ生地なのです。

そしてこの生地の色が部屋にかけているお気に入りの八角鏡の縁のライトゴールドと非常によく合うのです。

もちろん、カーテンには遮熱裏地もつけて、2倍ヒダでゴージャスに作った唯一無二のMy カーテン♪

ただ、唯一の欠点は・・・当時はカーテンに形状記憶加工するなんてほとんど無かったですので、つまるところ、このカーテンはいまいち綺麗にヒダが出ないのです。

まぁ、なにもかも最高を求めるわけにもいきませんから、ここは妥協するしかありません。

晴天が続いたので洗濯決行



で、気がつけば・・・このカーテン、ずっと洗濯してなかったっけ

まぁ、二階の自室は日当たりは良すぎるくらいですし、乾燥してるのであまりカーテンの汚れも無いんだよね。

とはいえ、さすがにいつか洗濯しよう・・・と思っていたので、秋のからっとした晴天の日に洗濯してみようと思ったのでした。

まずはカーテンを外し、フックも取り外します。

それからシミとか黒ずみに漂白剤スプレーをかけて(最近は便利になりました)、蛇腹折りに折りたたんで洗濯ネットに入れます。

それを洗濯機に入れ、エマールを入れてドライコースで洗濯開始。

できあがりは、さほど汚れていなかったようで、あまり変化は感じませんが、とりあえず外の物干しに干しました。

指南書では部屋のカーテンレールにかけていいというのもあったけど、どうしてもそのままだと湿り気が残りますし、そこから黒カビとか生えてはマズいですからね。

午後に取り込んで、フックを付け直し、カーテンレールにつけていきます。

このとき、カーテンの長さが意外に短かったので、フックで調節していい長さにしました。

カーテン洗濯は秋のおすすめ



そして今、やっと一日がかりの大仕事を終えて、部屋のカーテンを眺めています。

大変だったけど、自分で洗濯して気分もすっきり。

秋はカーテン洗濯におすすめです。