28859ed4.jpg

うちで愛用してるのがカラス避けの「カラスバスター」。
黄色のプラスチック板を紐で吊すだけで、うるさいカラスがいなくなる夢の商品です。


風が強いので紐を長くしたけどダメ!



ただ、うちは風が強いので、いつも吊ってある物干し竿に絡んで固定されちゃうのが珠に傷・・・

なんとかならないか?ということで前回は紐にリボンを付け足して長めにしてみました。

が、長くしても結局物干し竿に絡んでしまう・・・

じゃあ、短くしてみよう



でもここでめげてはいけません!
長くしてダメなら短くしてはどう?

ということで、今回は紐の途中に小さな結び目を作って長さを短くすることに。

するとなんと!カラスバスターは物干し竿に絡まること無く、ずっとブラブラ揺れているではありませんか

ある程度の短さだと竿の上に行く長さが足りないみたいです

実験成功で紐は短くすることに



個人的には紐の長さで最適な共振しない長さとかあるのかな?と期待していたのですが、そんな難しい理屈では無く、事実はとっても単純なのかもしれません。

実験が成功したので、改めて紐をきちんと短くして吊しておきました


これで毎回、気がつくと絡まってるカラスバスターをほぐすイライラから解放です♪

近くの電信柱で作業を見ながら「カー」と鳴いていたカラスの姿も見えなくなりました。

これでまた一つ、快適な生活への改善が進んだ♪と思わず笑みがこぼれる、ちょっと嬉しい夕方でした。