38541e91.jpg

おうち引きこもり生活が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
うちにいると、やることが無いので、おうちの掃除やら、雑事をして過ごしています。

で、ふと気になったのが隣の庭から突き出して伸びてくる庭木の枝


昨年は物差しで芽をたたき落としたが・・・



庭の境に目隠しのつもりか?隣の庭木が一本あるのですが、いかんせん、なかなかお手入れしないんですよね。

昨年は、木の芽が出る頃、思わず二階の窓から1mの物差しを振り回して枝先を叩き落として、侵入を防いだのですが、今年はさらにそこから新芽が出ているのを見つけました。

まぁ、ここで隣に「そろそろ木の剪定でもいかがですか?」とでも言えばいいのでしょうけど、そこはやはり近所ですので、どうしても憚られます。

できれば耳の痛い事は言わずに、関わりなく過ごしたいものですよね?

高枝切りばさみなるもの発見!



なので、なんとか物差し方式で、こちらから手の届く範囲で枝先を処理したい!
そこで、高い枝を切るものは無いか、調べてみました。

いわゆる剪定ばさみの長いヤツとか考えていたのですが、今はもっといいものがあるんですね!

それが今日のタイトルの高枝切りばさみ、文字通り高い枝用のはさみでして、長い柄の先にはさみがついてて、手元のグリップを握れば枝が切れるというものです。

ざっと見て、うちの場合は1.5mまで伸びれば十分、伸縮で95㎝まで縮むタイプが倉庫で収納するにも邪魔にならずにいいな、と決定。

軽いし、レビューも女性でも扱いやすいという意見多かったです。

精神衛生上、必要経費として注文♪



お値段も3000円程度なので、ここはお小遣いでえいやっとポチってしまいました。

まぁ、隣の木のために密かに3000円使うのかよ?と考えるとちょっと引っかかりますけど、まぁ、これも自分の心の安定のためなら仕方ないよね。

だって、毎朝、リビングの窓や二階の自室から、伸びてる枝先を見るのは結構なイライラなんだもん。

高枝切りばさみが届いたら、早朝にでも枝先をパツパツ切ってやりましょうぞ。

急に暖かくなって、芽の伸びも早くなってますので、高枝切りばさみの到着が待ち遠しい、春の日差しの午後でした。