2372c841.jpg

志村けん
さんが新型コロナ肺炎で亡くなったニュースで持ちきりですね。

お笑いのコメディアンさんには死ぬというイメージがありませんので、ショックは大きいことと思います。


新型コロナの怖さを思い知る



かく言う私も昭和乙女世代ですので、志村さんはじめドリフターズのコントに小学生から親しんだものですから、ショックはなおさら・・・

新型コロナで人工心肺ということでしたので、それなりに重篤とは思いましたが、まさか本当に亡くなるとは、衝撃です。

まぁ、高齢とはいえ、70歳ですし、今までの感染者にも70代80代はいましたし、治癒しているニュースもありましたから、なんとかなる気でいたのですね。

日本中で、まさに頬にビンタをくらったくらい、新型コロナウイルスの怖さを改めて実感した気がします。

人の命は思ったよりはかない・・・



記事を読むと、志村さんは昔ヘビースモーカーで、何年か前には肺炎発症もあったそうで、通常の高齢者よりは肺の損傷があったため、一気に病状が悪化したのでしょう。

それにしても、入院してほんの数日での訃報、ワイドショーで「このウイルスは悪化スピードが速い」とは聞いてたけど、こんなにもあっけなく逝ってしまうなんて、人の命のはかなさよ。。

そしてまだこれから猛威を増大させるであろう、新型コロナウイルスですので、気を引き締めて対応しなくてはなりませんね。

確かに8割は軽症とはいうけれど、自分が残りの2割にならないという補償は無いわけですからね

来年、無事にオリンピックできますように



平和な時は、「いつ死んでも仕方ない」とか思ってるけど、いざ凶悪な殺人ウイルスが発生すると、本能的に逃げ惑いそうな自分がいます。

まぁ、恐れてもどうにもならないので、根気強く防疫作業に努めるしかないけど。

もともとオリンピック開催にさほど興味もなかったけど、それでもコロナが終息しなければオリンピックも無いわけですので、心から来年のオリンピックが普通に開催されることを、そんな状況になれることを祈ってみる春の日でした。