0091bf2c.jpg

2,3日前から昼食にミューズリーを加えています。

以前、グラノーラを食べてみたら人工甘味料の甘さが口に残って捨ててしまった記事を書きましたね。


ミューズリーは加工前のグラノーラ


その後、調べてみて、グラノーラではなく、ミューズリーなるものを試すことにしたのです。

ミューズリーとは、加工する前のグラノーラとでもいいましょうか。
グラノーラはミューズリーに砂糖を加え、油を含ませて焼き上げたもの。

なので、余計な糖分・脂分を過剰に含んでおり、コレステロール的にも血圧的にもよろしくないのです。

その加工前ですので、ミューズリーには余計な糖分・油分が少ないため、とってもヘルシーなのですね。

ミューズリーは冷蔵庫に置いてレンチンしよう


ただ、ミューズリーはグラノーラほど食べやすくないのが唯一の欠点

ざっと調べてみて、ミルクをかけて冷蔵庫に一晩おくとかなり柔らかくなって朝食にする人が多いとわかりました。

ただ、今の季節は寒いのでいくらランチとはいえ、冷たい冷蔵庫から出したばかりのミューズリーってのは食指が動きません。

でも、これを電子レンジでチンすれば・・・ホットミューズリーならいけそうではないでしょうか?

ミューズリーに豆乳をかけて冷蔵庫に



ということで、先日寄った輸入食品店でたまたま特売のドイツ製のミューズリーを買ってきたのでした。

このミューズリー、見た目は押し麦にレーズンが入ったものでまるで鳥の餌。。

こんなの食べられるのかな?と不安を感じつつ、朝、仕込みにかかります。

レシピはミューズリー大さじ3を入れた大きめスープカップに豆乳100ccを加え、ラップをかけて冷蔵庫に。

そして期待の昼食時に冷蔵庫から取り出し、ラップをとって、レンジの「牛乳暖め」モードに二回かけるとできあがり。

二回かけたのは一回だとちょっとふっくらが足りなかったためです。
二回目は表面がググッと盛り上がってきて、加熱効果もありそうです。

今回はバナナなど主食があるので、少量で作りましたが、しっかり一食分取るならレシピの倍量にすればOK。

メープルジャムを一さじ入れれば完成♪


ということで、さっそく食してみると・・・これが意外にイケるのです♪

適度に柔らかく豆乳を吸ったオーツ麦にレーズン、ドライバナナなどが優しい。

ちょっと甘みが薄いので、ここにソントンのメープルシロップジャムを一さじ入れると完璧です。

ミューズリーのいいところは、とにかく少量でも腹持ちがいいこと。
しっかり夕食時までおなかが空かないので、間食も防げます。

そしてなにより、腸の調子が上がること
もともと便秘ではありませんが、お通じも今までに無く快適です。

オーツ麦には微量のミネラルなどもあって、サプリとるよりこちらでとったほうが経済的にも健康的にもよろしいかもしれませんね。

健康生活してみたいならミューズリー、おすすめです。