9d9b2c21.png

消費税増税後の日々の生活でひとつ、はっきりわかることがあります。

それが今日のタイトルの「トイレットペーパーの持ち」です。
皆さん、最近トイレットペーパーがすぐ無くなる・・・って感じることは無いですか?


エルフォーレは絶対短くなったよね



私的には二階のトイレはほぼ私専用利用なので、トイレットペーパーの減りが早くなったっていうのはヒシヒシと感じるのです。

というのも、うちで使うトイレットペーパーはエルフォーレという種類でして、エリエールよりちょっとお安いけどなかなかいい紙質のもの。

お腹が弱い私としましては、お尻に優しいトイレットティッシュはどうしても外せないポイントなのです。

で、このエルフォーレ、ちょっと前までは12ロール300円+消費税って感じだったのが最近は360円+税程度に高くなっています。

そして気になるのがとにかくロールの減りが早い!

使い方は今までと変わらないのに、木曜くらいになると、「あれっ、今週もうロール〇個使ったの?」と小さな驚きを感じることが増えました。

結局のところ、トイレットロールに巻いてあるペーパーの長さが短くなったのでしょう

いわゆるステルス値上げってやつですね。

これが日々、定期的に続いていくわけですから、消費税増税に庶民が慣れるなんてなかなかできないと思います。


どこもかしこも増税増税で、景気が上がらない日本の未来を憂うてみる、ちょっとケチな管理人でした。