b7f0c232.jpg

先日も記事にしましたが、5年以上積み立て投資してきたNISA口座の投信を一括売却しました♪

ひふみプラスの他に小さく積み立てしてた楽天VT1も一日遅れで売却したのです。


今年はNISA枠一杯で積み立て不可能でした


なんとか約定日も相場が崩れなかったので、まずまずの含み益で終わることができました。

というのも、NISA口座は昨年、ロールオーバー処理をしたので、なんと!今年は120万円分の投資予算が満杯につき、NISA口座は積み立てできない状況だということがわかったのです。

そういえば・・・積み立て初めの頃はアベノミクスで株価が上がってるところだったので、ひふみ投信も結構金額多めにしていたんだっけ。

つみたてNISAに移行するのはどう?



ただ一年ほっておくのもつまらないので、NISAを全売却したら積み立てNISAに移行するのもいいかも?

確か、年40万円の積み立てで20年でしたよね。
昭和乙女世代の年齢としては、今後、ガンガン投信積み立てするわけにはいきません。

年齢に応じたリスクの少ないポートフォリオにする必要が出てくるのです。

となれば、投資はセゾン投信メインで、残りは積み立てNISAで小さく継続がちょうど良さそうですよね。

つみたてNISA変更ができない?


ということで、さっそくネット証券のNISA口座をつみたてNISA変更してみることにしました。

ネット証券にログインすると、しっかり投信売却益が残金に加算されてて、気分はちょっとリッチ♪

HPには目立つようにNISA→つみたてNISAのタグがあるので、タップしてみるとあれっ?

出てきたのは赤枠の表示で、「今年度分のNISA枠はいっぱいなので変更手続きは10月~12月に行ってください。次年度から利用できます」とあるではありませんか!

調べたときは新年度にNISA積み立て購入してなければ変更可能とあったような気がしたんだけど、やっぱりロールオーバー処理がまずかったのかいな?

ううむ、やっぱりなんとなくロールオーバーじゃなく、しっかり検討してからにすべきでした。

今年はNISAお休みの年



ということで、今年はNISA投資はお休みの年になりそうです。

通常の特定口座で積み立てることもできますが・・・NISAの含み益に税金がかからないっていうパワーを実感してしまうと、小市民的にはNISA口座だけで投資は十分、って感じになっちゃうんです。

でも、お試しで特定口座で気になる投信の下調べ的に少額積み立てしてみるのもありかもしれません。

あるいは今継続してるセゾン投信の積み立て金額を増額するとか?
でもね、セゾン投信って意外にアナログ的でして、実は積み立て金額変更はその都度、書類郵送で何ヶ月か待って可能になるのですね。

この手間暇がネックになって、なかなか金額変更ができない・・・

おかげで解約のほうもなかなかできないため、最終的には含み益増大に一役買っているかもしれませんが。

ともかく、NISAからつみたてNISAへの変更は10月~12月までなので、時期を確認のうえ、無駄な期間が出ないように検討すべきです。

皆様は私の轍を踏まないようにお気をつけください。