642ab7be.jpg

先日、耳鼻科で花粉症向けの抗アレルギー薬をもらってきたワタシ。

今日は3日めになりますが、毎朝起き抜けに一錠、服用してから朝食準備や雨戸開けなど雑事をしてるとちょうど1時間半ほどしてから朝食になります。



抗アレルギー薬の効果は絶大だった


どうやら食事前1時間以上に服用というのがこの薬の一番効果的な服用法らしい。

で、この抗アレルギー薬ですが・・・超効果てきめんだったのです!

朝起き抜けからくしゃみ連発で、苦し紛れに鼻を水道水でぐじゅぐじゅすすぐと、一応おさまる。

でも鼻づまりは続くし、なんといっても鼻呼吸できないために夜、どうしても口呼吸になってしまうためか?喉が乾燥して年中風邪気味みたいな声になっちゃうんですが・・・

これがいきなり解消したのには驚きました。

鼻から空気が吸える感覚って、なってみてわかったけど、随分長いこと無かったんですね。

まだアレルギー検査結果は出てませんけど、ほぼほぼ花粉症決定のようです^^;

頑固に花粉症ではないと言い張ってきたけど・・・


思えば、今までくしゃみが出ても、鼻づまりが続いても、頭が重くても・・・「寒暖差アレルギーなのよね」とか「自律神経の乱れかも」などと言いながら花粉症にはなってない!と頑固に周りに言い続けていたワタシのなんと浅はかなことよ。。

だいたい、花粉症ってものは清潔すぎる環境に慣れすぎたヤワな富裕層がかかる贅沢病と思ってましたからね。

なのでうちは掃除もそこそこだし、体に多少のほこりは花粉症対策ぐらいに思っていたのですが、アレルギーというのはそんな簡単なものではなかったみたいです。

その薬はビラノア錠


で、このアレルギー薬ですが、よく見るとビラノア錠とありまして、調べてみました。


すると最近開襟された薬で、効果が持続し、かつ眠くならない&お安いというので、年々消費量が増大している人気のアレルギー薬だったのでした。

どうりでアレグラより効果があってお安いわけです。

医療の進歩に感謝ですね♪

おかげで花粉症らしき症状はほとんど感じずに毎日を過ごしています。

もし鼻づまりやくしゃみでお悩みなら、ぜひ一度、耳鼻科でビラノア錠を処方してもらってはいかがでしょう。