1a31fb8a.jpg

今日はついに!敏感肌用ファンデーションを買いにドラッグストアに行ってきました。

そうです、愛用のフリープラスのパウダーファンデが廃盤につき、他のファンデを探す必要に迫られておったのですよね。



dープログラムのファンデ試供品で好感触


で、ここのドラッグストアで資生堂のd-プログラムのパウダーファンデ試供品をいただいて、使い切るまでつけてみて、やっと購入を決めたというわけです。

試供品はオークル20でしたが、私の肌にはワントーン明るいオークル10にしました。と言っても、このシリーズではオークル10が標準色なんですけどね。

コントロールカラーはブルーグリーンが意外にいい!


あと下地とコントロールカラーを兼ねたものがあるので、これはブルーグリーンを選択しました。

今まではくすみを飛ばすといわれるピンク系か、ベージュを使っていたのですが、どうも顔色に合わない気がしたので、テスターで試してみたら、ブルーグリーンがしっくりきたのでした。

昭和乙女世代はだんだん肌も黄ぐすみが生じるので、意外にブルーのコントロールカラーは黄味を消してくれるので相性がいいのです。

ファンデーションケースはベネフィーク♪


ちなみにファンデーションケースは同じ資生堂のベネフィークのおしゃれなケースを楽天で注文してあります♪

だって、d-プログラムのファンデーションケースっていまいち地味なんだもん。

資生堂のファンデーションケースなら資生堂レフィルはみんな入るのでお気に入りのケースをネットでゲットするのもおすすめです。

無人レジに挑戦してみた


さて、お目当てのファンデをゲットしたので、あとはティッシュとか卵とか・・・いくつか雑貨をカートに入れてレジに行くと、レジが非常に混んでいます。

買ったものが3点なので、ふと見ると「商品が少ないなら自動レジはいかが?」なんて張り紙が目に入りました。

そういやぁ、今まで自動レジなんてやったこと無かったんだよなぁ。

ぼんやり見ていると、前のご婦人が慣れない手つきで品物を機械の前にかざして、会計ボタンを押して・・・

あれなら私にもできそうかも

それに自動レジは空いているので、モタモタしてても後ろに並ぶ人がいないのでノープロブレムなのも私の背中を押しました。

やってみたらとっても簡単でした


ということで、自動レジの前に立つと、まずは会計したいかどうか聞いてくるので、「します」クリック。

次はお店のポイントカードをかざすように指示されるので従います。自動レジでもポイントがつくのは嬉しいですね。

あとは商品のバーコードをかざすと、そのたびに「○○円です」と表示があり、終わったら「会計ボタン」を押します。

するとお金を入れる画面に変わるので紙幣を入れてOKを押せば、おつりとレシートが出てきて無事終了♪

やってみたら、ほんの3分ほどでレジ通過することができました。
一度体験してしまえば、あとは無人レジでどんどん行けそうな気がしてきました。

時代は人手不足が進行する令和の時代へ・・・無人レジに慣れておくのも、生活の知恵かもしれませんので、ぜひ、お試しあれ。