d5d6ffc0.jpg

日が長くなっているのは夕方、実感できるようになりましたね。


春めいてくると何か新しいことを始めてみたくなるものです。



4月って、私達にとっては事始めの月でもあるのだもん♪


そんな私が気にしているのはカルチャーセンターの講座案内。



そろそろ新聞の折り込みに出てくるはず、なんです。



ここ3年近く、デジタルカメラの講座をとってきました。


もう3年経つなんて、自分でも信じられない感じですけど、おかげでメカ音痴の私でも、一応、カメラの扱いは習得することができました。



何か習得する場合、一番手っ取り早くて効果があるのがお金を払って教えてもらうこと、です。


もちろん、書籍やDVDなど自学もできるけど実地に指導してもらえると変なくせがつくことなく、欲しい技術を身につけることができるのです。



そしてもうひとつのカルチャーセンター効果は、お金を前払いするので、
とりあえず辞めないということ。


自学だと、どうしたって飽きて気が付いたら止めていた・・・ってことになりかねません。


さて、そんな楽しいカルチャーライフですが、新しい講座を検討してみました。



昭和乙女世代的には健康にいい運動か、音楽・芸術あたりが認知症予防にもよさそうです。



ざっと見て、太極拳に大人のピアノ、デッサンあたりが気になっています。



ただ、カルチャー講座は実施の曜日が意外に重要。



私の生活で母の通院で水曜は避けたいですし、土日もプチトリップなど考えると避けたいところ。



さらに新しいことをする場合、必要なグッズも重要です。



とくにピアノの場合は・・・せめて電子ピアノが無いとお金払って始めるのにもったいないよね。



実は大人のピアノは15年ほど前に引越し前の地域の生涯学習センターの講座で3年ほど習っていたのです。



当時は適当に安いキーボードを購入、テーブルに置いて練習したものです。



おかげで指使いはある程度上達できまして、好きな曲を演奏するぐらいはできるようになりました。



が、発表会で本物のピアノを演奏する場合、ペダルを踏まなきゃならないのですよね。



手のほうはばっちりでも、足の動作が加わると・・・指使いもおかしくなったりで、大変だったのを思い出します。



そのとき、思ったのでした。



引越しして、いつか電子ピアノ買ってバッハの曲、弾くんだって。


が、仕事に追われてピアノどころではない日々が続き、その間、大人のバレエにはまってピアノなんかすっかり忘れてたワタシ。



遠い昔からの夢だった電子ピアノをやっと思い出したのでした。



さっそく、電子ピアノのお手軽タイプを検索してみると、最近はカシオの他にオルグの電子ピアノも人気のようです。



ただ、いざピアノをなんとかしようと思うといろいろ気になってしまいます。



まずは重いので、二階に設置が結構大変だろうということ。



そしてなんといっても、インテリアとの兼ね合いです。



私の寝室にはパソコン用のデスクとか、鏡台、マントルピースコンソールなどがあって、部屋の壁面が残り少ないのよね。



廊下のロビーもありだけど、照明が暗いので楽譜を読むのにいかがなものか?



隣の客用部屋もあるけど、部屋が別になるとこれまた練習しなくなりそうな気も・・・



ということで、電子ピアノに対して山ほど、いろんな横槍が頭をかすめたのでした。



ううむ、私ってこうやって自分のやりたいことをふいにしてきたのかな?


電子ピアノを購入できない理由ばかり数え上げてる自分に気が付いて、我ながらびっくり。



これからは、できない理由ではなく、できるような方策をたくさん数え上げるような人生に変えていきたいと思います。



とはいえ、電子ピアノはそれなりに場所を食うものではありますので、慎重に熟慮すべき案件なのは間違いありません。



急がずに、ゆっくり考えたいと思った、春の日差しの午後でした。