いよいよ冬季オリンピックが目前に迫ってきました。


私のお目当てはやっぱりフィギュアスケート



この前は高橋大輔に浅田真央ちゃんもいて、女子も男子も大いに見どころがありましたよね。




高橋大輔真央ちゃんは最後のオリンピックといった年齢だったので、上位は無理?と思いつつ、応援したものです。


そして若さと勢いに乗って金メダルまで上り詰めたのが羽生君



高橋大輔や真央ちゃんが足腰に不調を抱えながらの演技も感慨深いものがありましたが、羽生君の追い上げはすごかった・・・



特にフィギュアスケートではベテランになるほど、体に故障を抱えることになるので


若い後進にベテランが追い付かれ、破れていく姿・・・世代交代を目の当たりにする競技なのです。


あれから4年、絶対王者としてフィギュア男子を牽引してきた羽生君もまた、あのときの高橋大輔のように直前の怪我を乗り越えながら、オリンピックで集大成を目指すのです。



昨夜、NHKの羽生君のドキュメント録画を見てみました。



前回のオリンピックで世界一に輝いた後、常に進化し続けることを選択し、前に進んできた彼ですが、やはり怪我からの復活はそう簡単ではありません



栄光の影にどれだけの苦労と痛みがあるのだろう?


せめて、怪我の影響が無い程度に回復した状態で、試合に臨むことができたらいいな、と心から思います。



頑張れ、羽生結弦!


心の中でエールを贈ってみた、まだ肌寒い冬の午後でした。