3ee520e8.jpg

なんとなく舌に違和感が・・・


きっと、これはまた舌を噛んで血豆ができた感触ですよね?



鏡で確認すると、やはり!



右側横の舌に血豆が出現したおりました(涙)。



ここ最近は、ゆっくり噛むように気を付け、舌を噛むことが少なくなっていたというのに。


それにしても、いつ噛んだのか、わからないのも不思議です。



多分、就寝中だよね・・・

 

気になるので、ネットで確認してみました。


ネット上でも、同じような症状で質問している人が大勢いて、そこのところはちょっとほっとしたりします



で、気になる原因ですが、ストレスだとか、睡眠中美呼吸症状群とか、噛みあわせが悪い・・・などいくつかの要因が挙げられています。



ふうむ、ストレスっていえば認知症の母と日々、言い合ったりすることもあるので、ストレスもあるかも。



噛みあわせは、確かに若い頃、顎関節症で歯列矯正もしたので、決して良いとは思えませんが、一応、矯正して治したんだよね。



なにより、今まであまり舌を噛むなんてことが無かったのに、ここ最近、度々なのです。


と、目にとまったのが



加齢によって舌の筋肉が衰え、舌が口の下の位置に下がってしまうことで、噛みやすくなる」という一文でした。



なんとなく、これっていう気がする~。



ウォーキングシューズが合わないなんてこともそうですが、まだ高齢者年齢にはなってないとはいえ、ここ最近、



「筋力が落ちたせい?」

って思うことが多くなってきたのです。


舌の筋肉とは、参りますよね。



で、この対処法、舌の筋肉の鍛え方を調べてみました。



舌を思い切り出すなどいくつかあったけど、一番わかりやすいのは「あいうべ体操」



言葉どおり、「あ~」「い~」「う~」「ベー」と30回ほど繰り返せばいいのです。



声は出さなくてもOK。



簡単なトレーニングですので、さっそく今日から取り組むことにしました。



何もしないと筋力は落ちる一方です。


舌を噛むことが増えてきたな、と思ったらあいうべ体操、おすすめです。