dc46e3a9.jpg

昨夜、テレビ番組で「どっちが目にいい?」というクイズ番組をやっていたのをたまたま発見しました。


何気にチャンネルを回してみると、いろんな問いかけがあるのです。



そして一番気になったのが


「目の運動は目にいい?悪い?」の質問です。


結果は・・・現職の眼科医先生のよると、なんと

眼球運動は目に悪い!というのです。


なんでも、眼球を動かしすぎると網膜が引っ張られて最悪、網膜剥離を起こして飛び込んでくる患者が多いとのこと。



え~、これって世間でよくある視力にいい本の類で、よく目の運動をおすすめしてるんですけど


 

なにを隠そう、老眼の進みつつあるド近眼のワタシですので、視力が良くなる本の数々を購入しては試し、そして失望してきたのです。

そしてこの「目の運動」っていうのは「2週間で目が驚くほど良くなる本」で推奨している運動に他ならないのです。


この本は信州大の名誉教授著作の本でして、専門は理学の方。



眼科医ではありませんが、独自の眼球運動で自分の視力を向上させたことから、松崎メソッドとして発表しているのです。



もちろん、私も試しましたよ・・・


視力は上がらなくても、目のリラックスにいいんじゃないかと思って。



が、
それも数か月前に辞めております。


というのも、なぜか?この目の運動をした直後に左目に結膜下出血を起こしたので、なんとなく嫌な気分で辞めることにしたからです。



目を動かすことで毛細血管が切れたのかな・・・と思ったんだよね。



奇しくも、今頃になって目の運動が目に悪いっていう事実を知って、さもありなん・・・という実感があります。



そもそも、「視力が良くなる本」ってほとんど効果が無いものと思っていいのではないでしょうか?


誰だって、レーシックなどの高価な手術をしたくありませんから、手軽にお安く視力回復したいという願望があって、そのニーズに合うような本が出てくるわけです。



でも、やはり本気で視力を上げたいなら、レーシックなど医療の施術を受けるしかないと思います。



視力に限らず、血圧やコレステロールなども全く同様。



薬を飲まなくても、健康食品で血圧やコレステロールをコントロールしたい?


そんな都合のいい欲望を利用した健康食品や広告の多いことといったら!



健康食品も月5000円くらいかかりますし、これならきちんと病院で降圧剤とか、コレステロール薬を処方してもらっほうが、きちんと下がりますし、医師に健康管理してもらえるのでお得だと思います。



実際、保険が効きますので、金額的には病院にかかったほうがお安いです。


ということで、最近は健康食品も田七人参粉末のみになったワタシ。



健康にいいというガセネタにひっかからないようにしたいものです。