4cf2d290.jpg

昨日は夕方に百貨店に靴を下見に行ってきました。


これから小旅行を継続していこう、と思っていますので、それに不可欠なのは歩きやすい靴



今までは安くて3Eくらいであれば、なんとかなったけど、横浜ウォーキングで実感したのは、


歳を取ると足に負担の少ない靴を利用したほうが、体に楽!ということだったのです。


結局、ムーンスター・イブの靴でも一日歩きだと爪先が当たって痛くなってしまいました。


ですので、あとは百貨店で扱っているお高いウォーキングシューズを見るか?となった次第。



お目当ての靴はそれなりにありましたが、お値段もそれなり(笑)。



軽く20000円は見ておかないといけないみたいです。



あとはじっくり検討することにして、久しぶりに百貨店のレストランに入ってみることにしました。



昭和乙女世代の子供の頃・・・の百貨店のレストランとは全く違って、現代のレストランは専門店街になっています。



ざっと見て歩きましたが、夕食だと軽く2000円は超えそうです。



が、パスタ&蕎麦はさすがにそれなりに普通価格なので、蕎麦を食べることにしました。



入ったのは永坂更科 布屋太兵衛、有名百貨店なら必ず・・・と言っていいくらい入っているお蕎麦屋さんです。



以前、東京の漢方医院に通院していたときは、新宿高島屋の布屋太兵衛で昼は蕎麦、って決めてたっけ。



ちょっと懐かしい気分でお店に入ったのでした。



時間帯は早かったので、一人、高齢の男性が窓際にいるだけ。



自由に席を取っていいそうなので、夜景のよく見える窓際の席を取りました。



蕎麦屋さんとは思えないくらい、夜景が綺麗で、車のバックライトの赤い列や、信号機の光などがキラキラしています。



まさか、蕎麦屋で夜景見られるなんて思っていなかったぜ。


ちょっとラッキーな気分で、いつものもりそばを注文。



食するものは蕎麦ですが、夜景は高級フレンチに匹敵する豪華な夕食でした。



支払をしようと立ちあがってふと、まわりを見るとあれっ?



周りはいつのまにか、来店したお客で埋まっていたのですが、


これがなんとほとんど高齢者なのです!


そりゃそうだよね・・・百貨店で老人がお安く食べれるってお蕎麦くらいだもんね。



夜景は若者のデートにぴったりの美しさなのに、出てくる料理と客層のアンバランスに思わず含み笑いの、ちょっと面白い夜でした。