b25c8207.jpg


ついに!欲しかったのびのびあったかレギンズパンツをゲットしました♪


いくつか、お店で試着を繰り返して、一番お気に入りのスーパー併設衣料館で購入。



母もサイズ違いを購入しましたので、今年の冬は暖かな部屋着となってくれそうです。



ただ、そのままでは着れないんですよね・・・



というのも、パンツの裾上げが必要だから。


私の場合は折り返し1つ分、2㎝くらいなのですが、母のは5㎝は裾上げしないとなりません。



で、お店の試着室の壁に「裾上げお引き受けします」と書いてあったのだけど、なんとパンツ1本1000円・・・



上質なスーツのパンツなら、プロに頼むのもアリかもしれませんが、



日常着のレギンズパンツに1000円の御直し代はちょっとキツイ。



そこで、自分で裾上げをすることにしました。



母は昔は洋裁・和裁もやっていましたし、ズボンの裾上げなんて軽くこなしていたのです。



ミシンが使えれば!ものの1分もかからないのですが、なんと今回は地厚のレギンズパンツです。



おまけにのびのび仕様なので、伸びないミシン糸で縫ってしまうのもどうなのか?



ということで、母に教わりながら手縫いで裾上げすることにしたのです。



まずは裾の長さを決め、折り返して待針でとめておきます。



それから何センチ折り返して縫うか、決めて余計な長さ分を裁ちばさみでカット。



切ったところを内側に折り返して、待針でとめて、あとは手縫いでかがっていけばいいのです。



ところが、いざ縫い始めると
糸が待針にひっかかってなかなか針が進まない・・・


片足の裾上げで1時間使ってしまいました。



ズボンの裾上げって、こんなに大変だったのね。


全く自分でできないなら、お金を払ってやってもらうしかありませんが、もう自分で裾をカットしてしまいましたし、ここは最後までやり遂げるしかありません。



ちょっとお茶休憩後、



「そうだ、待針がじゃまなら仕付け糸で仕付けかければいいじゃん?」



と思いつきました。



早速試してみるとなんと!



さきほどの半分の時間で仕上がったではありませんか!


おかげでなんとか、レギパン2本、裾上げすることができました。



これで今日一日で2000円分、稼いだことになりますね♪



芸は身を助ける・・とは言ったもの。



何事もヘタでも、自分でこなせれば生活にかかるお金も大幅に減らすことができます。



自分自身が資産としてちょっとレベルアップした気がして、ちょっと嬉しい管理人でした。