500919c2.jpg

ずっと使っていたチークカラーが無くなってきたので、新しいのを探してしばらく経ちます。


なんていったって、昭和乙女世代は血色が悪くなるお年頃ですから、せめてチークカラーぐらいはつけないと、周りに迷惑ですからね(笑)。



今まで使っていたのは、カネボウのメディアのシリーズで、頬紅用の筆つきのもの。


カラーはピンク系でして、その昔はどこにでも売っていたものです。



これの後継を買えばいいのよね・・・



と初めに、メディアシリーズのものを買いました。



以前のものを買ってから、何年も経ってますので、後継も新作になっています。



なんでも、パールカラーが入っていて、それに頬紅筆が丸くて広いんです。



私は化粧品によっては、肌がかゆくなるのでパール入りってところが、ちょっと引っかかったんですけど、


いまさら新しいメーカーに変える勇気も無く・・・


メディアのチークをゲットして帰宅しました。



ところが、心配したとおり、頬紅付けると肌がかゆくなる~。


メイクを落とした後、頬が赤くなってしまったので、わずか2回しか使わずに、メディアのチークはゴミ箱行き。



仕方なく、ドラッグストアで今までのチークを色合わせ用に持参して、店頭で無香料のものを中心に、比較検討しました。



やっと、購入を決めたのがKiss meのフェルム ブライトニングチークです。



なんといっても、パール成分が入ってないし。



それに頬紅用の筆が「柔らかい馬毛」って書いてあるんだもん。



前回のメディアのチークは筆も大きいけど、固かったんですよね。



カラーはピンク系に近い02番にしました。



早速、つけてみたら、いい感じ♪



やはり筆の柔らかさが違いますし、付けた後、ヒリヒリしないのでほっとしました。



それにしても、毎回思うんですけど



どうして化粧品の新商品って、以前のものより悪くなることが多いのでしょう?


っていうか、今までのものを継続してくれないのは、実に面倒です。



もちろん、メーカーだって、新商品を研究しているのでいろいろ更新したいのはわかるけど、



パール成分始め、ヒアルロン酸だとか美容成分が入るとそれだけ


皮膚に異変が生じる危険性も高まります


ましてや、カネボウっていったら美白成分で重大な皮膚障害を起こしてましたよね?


カネボウよりKiss meが使い勝手がいいなんて、敏感肌なのか、チープな肌なのかよくわからないワタクシですが



化粧品もできるだけシンプル組成にしてほしいと思った一件でした。