28859ed4.jpg

すっかり春の陽気でポカポカな日。


食料品の買い出しも終わって、ゆっくり部屋で音楽を聞いているとおやっ?


外から


「ツーツー、ツピピ」


っていう小鳥の声が聞こえてきます。


 


窓から外を見るも、近くの電信柱にスズメくらいの小鳥が二羽、止っているだけです。


気になるので、100円ショップで買ったミニ双眼鏡を持ち出して覗き込むとそれは・・・



小さなシジュウカラのペアだったのでした。



どうやら、電信柱の上に巣らしきものがあって、そこから出入りしているのが見えます。



スズメではない小鳥はやっぱり見ると気分が上がります。



ジロジロ双眼鏡でのぞいてたら、殺気を感じたのか?



シジュウカラペアは電信柱を降りて、隣の木に飛び移りながらさえずります。



かわいらしい黒とグレーのツートンカラーのシジュウカラをしばらく楽しんでいたのですが・・・



いつまでも「ツツピー、ツツピー」とうるさいのです。


そういえば、シジュウカラって言葉があるって先日、研究結果がニュースになってましたよね?



確か、文法が人間みたいにあるとか。



連中を目の前にして、



「もっとそのニュースをよく聞いておけばよかった」と思うも、時期遅し。



でも、ツツピーは警戒音ではなさそうです。


二羽でじゃれあいながら木々の間を飛び回っていましたし、人は周りにいませんでした。



窓からこっそりのぞいてる私以外は。



双眼鏡に飽きて、ベッドに寝転んだ私の耳に、今もツツピー。



かわいいんだけど、



うるさいぞ、シジュウカラ!

とおもわずつぶやいてみた、晩春の午後でした。