3ed1b417.jpg

今日は帰りがけに本屋さんに寄ってみたら、気になるマンガ本発見!

そうです、今日のタイトル「真壁俊の事情」が目にとまったのです。


真壁俊といえば、昭和乙女世代の女子なら一度は聞いたことがあるはず。

有名な少女ラブコメディ?マンガ「ときめきトゥナイト」の彼氏役といったらおわかりでしょうか。

このマンガの作者池野恋の絵柄が好きで、遠い昔から読んでおりましたマンガです。


彼は無口で陰のある、やたらハンサムな少年なのですが彼の目線でいままでのエピソードを綴るというコンセプトなので、当時からのファンにはたまらないものだと思います。

ということで、

私も年甲斐もなく(恥;)、

レジに並んで買ってきちゃいました(笑)。

実は昨年から発売されていたようなんですが、実物を目にしたことがなかったのです。

見てみると、かなり売れ行きがよかったらしく、一時はヤフオクなどで高価な値段がついてたそうです。

やっと巷に出回るようになってきたのね。

いそいそと帰宅してぱらっと見てみました。

いままでのエピソードを彼目線で見てるので、読者ならすぐ「あ、そういうことね・・・」ってすぐわかるし。

オリジナルの漫画では彼はあくまで表情を抑えたかっこいい立場で、乙女心をくすぐるわけです。

でも、今回は等身大というか、けっこう素直な男心がまたかわいい♪


一番うけたのは、プロポーズシーン。

彼なりに彼女を家まで送っていって、プロポーズ&親に申込む・・・って筋書きが大幅に狂って、焦りまくるところがよかったですね

 

何事も相手があってのことですから、自分の計画通りには進まないこともあります。

コメディータッチのところは池野先生の得意とするところですので、なかなか楽しめた一品でした。

プロポーズシーンがメインでありながら、二人の出会いのシーンのアップが綺麗でよかったです。

なんだかんだ言って、彼も彼女に一目ぼれだった・・・っていう超都合のいい筋書きも、ときめきなら許す・・・


と偉そうに許可してみる、ちょっとときめきの夜でした(笑)。