フィギュアスケートGPシリーズは、第一戦 スケートアメリカの男女とも日本の
カップル優勝で幕を開けました。


真央ちゃんも安心感のある演技で、いい出だしになりましたね。


今回、私が注目したのは、男子の優勝者、町田樹。


いきなりショートでトップというので、「どれどれ、どんな選手なの?」

って興味が沸いたのです。


トップになってから見るなんて野次馬チックなんですが
同じような人、多いんじゃないでしょうか。


日本フィギュア男子は、高橋を追い上げる羽生、小塚のトップ3に注目するのがメジャーですよね。


いくらフィギュアスケートマニアとはいえ、隅々まで選手チェックなんてするほど
濃いマニアではないし(笑)。


さて、そんな理由でTVの前で初見しました。


フィギュアスケートが芸術になってる・・・

いい感じですねぇ。


氷上のバレエさながらに、引き込まれる感じがGJです。


昔、好きだったロシアのフィギュアスケーターの演技を見たような満足感がありました。


フィギュアスケートはスポーツなんですけど、バレエの一人舞台のような芸術性が個人的には好きなんですね。


ロシア圧勝時代は、バレエの基礎が違うよねって思っていましたけど、ついに日本も芸術の風格を表現する選手が出てきたのは、素晴らしいことだと思います。


さて、この町田さん、いきなりどうやってトップに躍り出ることができたのだろう?


調べてみると、昨年前半は好調だったが、後半失速し、全日本選手権9位だったそうです。


1年間で、9位から1位って、どんなことすればそんな夢のようなことが可能なのでしょう?


その秘密は朝5時から、コンパルソリーの練習を繰り返したことでした


コンパルソリーって、いつのまにかなくなっちゃったけど、氷の上に図形のように正確に滑る、あれですよね。


見てるほうは、いまいちつまらなかったし、フリーがよくてもあれで差をつけられることが不満でもあったので、なくなったときは喜んだものでした。


コンパルソリーで基本を強化したことでジャンプが安定したそうです。


小さなことを積み重ねることで、大きな目標も達成できるといわれますが、
本当にあるんですね。

もちろん、朝5時から地道に基礎練習を1年続けるという努力もすごいんですけど、基本ってこれほど強力なものとは思いませんでした。

その基本の上に、芸術的作品としての演技があるのは、とても楽しみです。

キャンデロロみたいに独自の世界観を作っていってほしいですね。