2372c841.jpg

今年は国勢調査の年なんですね・・・

先日、紙の書類を係員さんが届けに来たようなんですが、不在でしたので次回来る日のメモが投函してあったのです。



係員から書類受領


まぁ、受け取るだけなんで、そのまま書類をポスト投函してもらって良かったんですが、あえてそんな事を電話するのも無粋なので、当日は早めに買い物を済ませて自宅で待機しておりました。

係員さんが書類と、簡単な説明をして帰っていったので、さっそく国勢調査を終わらせてしまいましょう。

まずは回答作成してネットで回答しよう



中の書類に書き方と用紙があるので、まずはそれを見ながら回答を作成しました。

で、あとはこれをネットで回答すれば一番簡単♪

書類に入ってるIDとパスワードで国勢調査のHPにログインすると、先ほど作成した質問事項が出てくるので、回答を選んでクリックしていきます。

無職はさらに簡単


私は早期リタイアしてるので、さらに回答は簡素です・・・

つまり、働いている人はいろいろ回答する項目が多いのですが、仕事してない回答をした時点で一応「終わり」なんですよね(^_^;

終わりに自分の住所・電話番号を入力し、最後に独自のパスワードを決めて入力します。

これは後で回答を変更する場合などに再度ログインするなどで使うようです。

最後に送信をクリックすると無事、国勢調査回答完了♪

私の人生も1で表されるという不思議な感覚



そういえば前回も、ネット回答で楽ちんだったんだっけ。

基本、5年前と自分はさほど変化が無いので、「意味あるのかなぁ?」とも思うのですが・・・

これもウン十年後は、私が死んだとかで状況が変化し、それがデータとして記録されるのでしょう

わずか数値的には1の差ですが、私自身からすれば自分の人生そのものの数値です

国は未来永劫、こうやって国民の数とか状況を記録していくんだなぁ?と思うと、感慨深いものがあります。

なんにせよ、国勢調査も忘れないうちに早めに回答しておいたほうが安心ですので、ぜひネット回答を利用してみてはいかがでしょう?