cfef4e77.png

ついに東京もGo TOキャンペーン参入が決まって、旅行気分が上がりそうな秋到来・・・となればいいのですが・・・



東京新規感染者再び200人超え


先日はまた東京都のコロナ新規感染者が200人超え、まぁ一時期よりは減少しつつあるけど、ぶり返したりの繰り返しで、ホント、大丈夫なんですかね?

東京都医師会も、東京から旅行に行く場合は近郊からにせよ、とかいう意見も出てますし、なんだか不安です。

かく言う私も、一応秋の小旅行を計画はしてますが、地域的に新規感染者はほぼいないですし、まぁ安定してる状態。

なので自分が行く分にはそうは悲壮感は無いのですね。

でも、もし東京都も含めて多くの人が観光地に殺到したら、やはり感染リスクが上がりそうで怖いよね。

良い方向に転ぶか、それとも悪い方?



未来はわかりませんので、一ヶ月先にコロナ感染状況がどうなっているのか?皆目見当もつきません。

いい方向に転んだ場合は、コロナ感染者数も終息に向かい、適度にGo TOキャンペーンで秋の旅でリフレッシュしつつ、来たるべき冬に備える・・・という線もあるかもしれません。

その一方で悪い方に転べば・・・Go TOキャンペーンでコロナ禍が全国的に広がって、冬前に惨憺たる状態になるかもしれません。
その場合は新政権の支持率もガタ落ちで、政局も不安定になることも。

地球規模で見ればまだまだ終息は遠い



とどのつまり、日本国内はさておき、海外に目を向ければコロナ禍は勢いを増すばかりですので、落ち着いた平和な未来は当分先になるはず。

すべては先のことなので、どうなるかはわかりませんが・・・それでも、東京のGo TOキャンペーンはちょっと遅らせたほうがいいのではないか?

そんなことを考えた、残暑厳しい秋の日でした。