32ad2c64.png

ここのとこ、ずっとジメジメした天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

コロナに加えて、梅雨明けも異様に遅くなってますので、気分は下がる一方ですね。



夜の台所シンクにナメクジ発生!


さて、そんなジメジメした気分をさらにサゲるような出来事が発生しました。
それが今日のタイトルのナメクジです。

そもそも、うちは台所の網戸は極力開けませんし、野菜屑も夕食後はぴったりパッキン付きの生ゴミバケツに入れており、かつ流し台は夜、きちんと水分をぞうきんで拭いているので今までナメクジなど出たことがありません。

が、先月?初めて夜に一度、ナメクジが一匹、なぜか?何も無い流しのへりにいるのを発見したのです。

確か、近所の母の友人がナスときゅうりを置いていってくれたため、それが入ったレジ袋をちょっと台所に置いた記憶はありました。

ゴム手袋にティッシュでひねりつぶした!



なので、そのときは「もしかしてとりたて野菜に紛れていたのかも?」と思い、ヤツはゴム手袋をした上でティッシュを何枚も重ねてつかみ、思い切り握りつぶしてゴミ箱に捨てました。

基本、虫やナメクジはキャーと逃げるスタンスの私ですが・・・

窮鼠猫を噛むとは言ったもの、怖いものに立ち向かう時って、必要以上に憎しみが湧き上がって憎悪マックスで惨殺してしまえるものだ・・・と新しい自分を発見した気がしました(^_^;

再び同じ場所にナメクジ出現



それからしばらく、ナメクジは見かけなかったので、忘れかけた頃の再出現ということになります。

出た場所も時間も前回とほぼ同じ、3㎝くらいのナメクジが台所のシンクのへりにいるではありませんか!

ムカつきましたが、ここは手近にあった食塩をサラサラとヤツの姿が見えなくなるまで振りかけてやりました

水分を塩に奪われてのたうち回りながら縮んでいくナメクジの姿を見てると、心の底から「ざまぁみろ!」という残忍な快感が湧き上がってきます♪

その後、またゴム手袋にティッシュで死骸をゴミ箱に捨て、台所シンクを洗剤でよく流し、最後にアルコールスプレーをまんべんなく吹き付けて完了。

ついでに排水溝まわりにキッチンハイターもふきつけておきました。

排水溝まわりに銅製品はどう?



さて、一息ついて思うのは・・・二回もヤツが出たとなれば、何か対策を講じなければならないということです。

今年は例年になく、湿気が多いので、北側のキッチンは外からナメクジが侵入しやすいのかもしれません。

調べるとヤツらは網戸の隙間や排水溝を上がって侵入するとのことですので、網戸を開けないうちとしましては、排水溝をなんとかしたほうがよいかもしれません

調べるとヤツらは銅製品を忌避するらしいので、キッチン排水溝のトラップやシンクバスケットを銅製にするとかなりいいらしい・・・

最初はシンクバスケットを買おうかな?と思ったのですが、まずは排水溝の蓋となる排水溝トラップを銅製にしてみようかしらん。

アマゾンで銅製排水溝トラップを注文したよ



ということで、さっそく頼るのはいつものアマゾンさん。

見ればありますね、銅製のキッチントラップにシンクバスケット。

できれば両方とも揃えたいですが、いかんせん、銅製品はお高いので、まずは排水溝トラップを買ってみるといたしましょう。

ちょうど半額サービスしてたので、お得でもあります。
サイズも確認して準備万端。

ついでに新しいプラスチックの排水溝トラップも予備で一つ、注文しました。

今使ってるのはすでに18年経ってますし、レビュー見たらプラスチック製品は消耗品とのことで、衛生的にも更新したほうが良さそうです。

予備というのは、銅製品が壊れたときなどのためにあったほうがいいですからね。


実際の効果は使ってみてからなので、乞うご期待です。