昭和乙女の思い出日記

昭和時代に乙女だった管理人のお気楽初めてブログです

昨日テレビで知ったのですが、印刷ミスのエラー切手が高額なこと、知っていますか?

エラー切手とは印刷が逆さま・色抜け・目打ち加工もれなどがある切手のことです。

印刷所で厳しく検査するので、本来なら世に出るはずのない切手、特に日本は真面目に?検査するので希少価値があるようです。


テレビでは切手シートにすっぽり白抜けの切手列があるもの3枚で、10万円!と査定されました。


では、古い切手でどれぐらい高いエラー切手があるの?ということで調べてみました。

・日本の逆さまに印刷された竜文切手500文(明治4年発行)のもの。
→10数年前、日本人所有者に切手業者が1億数千万円で交渉して断られた!
(週刊ポスト2011より)

・1859年発行の両シチリア王国の切手。王の顔色がオレンジのはずが青く印刷 →2011年6月9日、スイスで2億円で落札!

・ちなみに今までで最高額のエラー切手は2億6700万円!のスウェーデン切手

 


ええ~っ!!という金額じゃああーりませんか・・・


今まで、切手収集はしたことありませんが、それでも古くて図柄が美しく、
希少ならお宝っていうのもありかとは思っていましたけど、エラーな切手ですよ!


正直、エラー切手は価値が無いと思っていた自分には目からコンタクト・・・
じゃなくて目からうろこな衝撃でした。

ちなみにスイスで2億円で落札の売り手はフランス在住、買い手はアメリカ在住の人だそうです。

もちろん、エラー切手も基本買いたい人がいなければ売れませんので、エラーなら売れるっていうものでもないんですが。

1億、2億でエラー切手を買う人にも驚きですが、これを断る人にも驚き!

自分なら即売りますけどね。って、持ってない人が言っても意味ないですね(笑)

こんな思考がお宝を遠ざけているのでしょうか。


でも、人間ならエラーは基本許されないのに切手なら大歓迎っていうのも考えちゃいます・・・

私なんか、しょっちゅうエラーしてますけど、「いいね!」なんて言ってもらえませんよね。


ちょっと不公平だなぁっていうのと、あとひとつ、

お金持ちってホントに不思議な人々だなぁ・・・

ってつくづく思った夜でした。

 

 </font

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の朝日新聞に「がんばらない」経営というちょっといい言葉を見つけました。


これは家電量販店ケーズデンキの経営の特徴です。

ノルマや残業はなし。上司から売上達成を強いられることもない。

店員さんはノルマは無いけど、各々目標を持って販売に専心しているのです。

 

印象的な例を挙げると

他の会社からケーズデンキ本社に移籍してきた人がお店の省エネ対策を提案したことに対して、

ケーズデンキ会長が「〇〇君、そんなにがんばることないよ。」と言ったそうです。


これは、「本社のがんばりでお店の仕事を増やすな」という深い意味があります。

お店の余計な仕事を減らし、接客に徹底してもらうことが、実は本業をがんばることにつながっていたのです。


人間の本心をついた経営だなぁ・・・と感心しました。

子供だって、「ああしろ、こうしろ、どうなった?」とやろうとする先から尻をたたくとやる気無くしますよね。


どこかのブラック企業じゃありませんが、経営者たるもの、上の人の仕事は部下の監視ではありません

部下が仕事させられているという自覚なしで、自主的に仕事する気分になるようにうまく事を執り行うことと、何かあったときに皆をかばって矢面に立てる勇気こそが上に立つ者の仕事なんですよね。

そんな心意気あってこそ、社員が本気でついてくる結果、業績も上がるものだと思います。

 

今の日本、多くの本社の人達は真面目なのでしょう。

こうすればいい、ああしたらいい・・・と現場に向けてアイデアはいろいろ出てくるでしょう。

でも、自分は現場にいないんですよね。

机上の空論は現場を疲弊させ、やる気を失わせます。


部下に任せるのは不安で口出ししたくなるのもわかるけど、そこを信じてあげる懐の深さが経営者に求められる資質なのではないでしょうか。

なんだか、よく新聞でも言われる、学校現場の先生方の状況とも重なりますね。

どんな職種でも、仕事は現場で起きていますので(笑)!

もっと現場で生きいき仕事できるような日本になっていってほしいですね。

 

 

<font size

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「涙のバックストリートボーイズ」で泣きを入れていた結末を案じていらっしゃる人もいるかもしれませんので・・・

ジャーン!しっかりコンサートチケットゲットできました~。

やっぱりe+(イープラス)は私を見捨てなかった!!

当日10:00前からパソコンは「もう少しあとでサイトにお越しください・・・」みたいな画面ばかりで、戦わずして敗戦濃厚な空気だったのです。

でも、ダメもとで夕方サイトに入ったらまだ販売中でした。

さっきも見たら、さいたまと広島?はまだ受付中みたいでしたから、もし泣きを入れている人で、場所が合うならチャンスですよ。

自分がハッピーゲットすると人にも優しくなれちゃうもんね。

っていうか、騒いでいるのは少数でけっこうがら空きとかじゃないですよね?
(バックス、縁起でもないこと言ってごめんよ・・・)

 

いいや、きっと新曲が流れる度に人気が上がってプラチナチケットになるにちがいないもんね、

実は例のチケットセンターもサイトに立ち入り禁止のとき、行ってみたんですが、すでに価格が2倍になってましたからね。


おっと、いけない。チケットの金銭的価値じゃなく、これでコンサートに行けることの価値を喜ばなくては。

人間って、ついお金に換算してしまう悲しい性があるのですね。反省反省。

バックストリートボーイズのメンバーも観客もともに年取りながら(笑)ずっと心地いい時間を過ごしていきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の日本の夏の暑さったら尋常じゃない!って思っていましたが、やはりデー
タ的にも昭和の時代より猛暑日が激増しているそうです。

だって、自分が小学校の頃は30度超えで暑い~って騒いでたけど、せいぜいひ
と夏1~2日くらい・・・だったような気がするもんね。


今は30度超えは当たり前、軽く35度くらいはいってしまうから、人類史学的にこ
んなに急な気温変化って、けっこう体にこたえるのではないでしょうか。


ということで、最近ステテコパンツが流行りだそうです。

ジャーン!私はなんと昨年からステテコパンツを導入していたのだ。

先見の明があるといわずになんといおうか・・・とちょっと自慢してしまおう。


もちろん、ステテコパンツは加藤茶のおじさんルックみたいな白いステテコじゃありません。

チェック柄とか、アロハな柄が豊富でカラフル、若い人にも全然違和感のないおしゃれなハーフパンツ感覚で着られちゃうのです。

そして、なにより涼しい!

先日、急に涼しかった時なんか、風邪ひきそうになりましたもん。

ボトムはステテコパンツ、トップはインド綿のシャツがこの夏一押しの涼しさファッションです。

去年聞いたんですが、日本は近年の温暖化で夏の気温がインド並み?とかいう話。

それで、インド綿のアロハなブラウス買ったんですが、ステテコパンツと合わせると意外にラフに決まるのですよ


電気料金も上がり、原発は怖い、関東地方は水も節水しなきゃな昨今。

ステテコパンツにインド綿のシャツ、片手にうちわでそうです、昭和のスタイル出現!です。

恐るべし!昭和スタイル!!

ゆる~いファッションだと心もゆる~く広がってくる感じがするよね。

ちょっとヨガのまねごとでもしたくなる夜なのでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、新聞を開いたらなんと!

バックストリートボーイズのコンサートチケット発売が明日10:00~!!

と出ているではないか!

実はけっこうミーハーな私は隠れバックストリートファンなのです。

バックストリートボーイズのバラード風の曲は胸にずーんと響きます。

もう3回もコンサート行ってるもんね。

ただ、大震災の後、ふっつりバックスのコンサート情報が無いので、放射線が怖いのだろう・・・と最近チェックを怠っていたのです。

(ちょうど先行予約のあたり、このブログのテンプレートとか変身!とかって騒いでて気づかなかった・・・涙)

早速ネットで調査するも、皆さん同じでe+サイトがつながらない・・・

どうやら、明日、多分ダメだろうけどつながらないサイト&電話でそのまま「販売終了しました」を聞くことになるのでしょうか。

手に入らないチケットとなるとますます行きたくなるのが世の常。

まるで舞踏会のチケットを手にいれられないシンデレラみたい・・・


思い出せば、初めてのバックストリートボーイズのコンサート。

それまでコンサートなんてほとんど行かなかったものだから、当然チケットは当日電話で申し込みました、じゃなくて申し込もうとしました。

当然、電話はつながらず、「??」と思っているうちに販売終了。

時代は I Want It That Way が毎日ラジオで流れ、

「一度、生身のバックスが歌って動いてるのをこの目で見たい!」って諦めきれなかった私はしばらくネットでさまよったあげく、某チケットセンターでなんとか購入することができたんですね。

あのときにe+なら抽選だけど先行予約できて、セゾンカード持ってるとこっそり有利!とか、いろんな技も習得しました。

ドキドキのコンサートも、ノリノリで最高でした。

バックストリートボーイズのコンサートは多数が女性です。

少数の男性は連れなんでしょうね。

コンサートで腕振り回してノッテル女性陣に気押された感じで小さくなってる感じ。

あああ・・・思い出したらまた行きたくなってきた!

しばらくバックス熱は治まりそうもありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ